日大三島高等学校・中学校の柔道部ホームページです。柔道部の活動内容や試合結果等を記録しています。

  1. 応援メッセージ

これから全員で向かう目標を達成するには。

インハイも終了しました。今週末には先日も書きましたが、東部選手権が始まります。ここでつまずいていたらダメです。まず東部、そして県、東海、全国と道のりはあります。今のメンバーに天才は一人もいません。そうしたら後は努力しかない、2倍3倍努力して勝てると言う事です。インハイも大番狂わせがありました。小川Jrの3回戦敗退古賀Jrの決勝での敗戦、生で見たかった試合でした。ニュースでやってましたからやはり注目の選手です。彼らは天才のDNAを受け継ぎプラス努力していると思います。平凡な人間はやはり努力のみ、女の又の力です。
毎日の練習で自分で課題を作りそれにどこまで出来るか、1日1日の積み重ねの結果で決まるでしょう!今までと違う自分に挑戦して下さい。今自分自身を振り返ると2年3年で団体個人共インハイ出場は凄い事だったんだと思います。努力はしましたよ。内容の濃い練習でした、その後のバーベルも毎日やったなあ。夜は街道場に出稽古も行きました、思いつくことは、行動にすぐ移しました。それでも全国制覇は出来なかった。それ以上の高校があったからでしょう。
自分の3年生のインハイは、石川県でした。監督の出身地だということで、みょうに力を入れてましたね。選抜3位だったので、今度こそと思っていたのでしょう。やる選手はそこまでは無理と思ってました。結果ベスト16、近大福山に完敗でした。実は個人は狙ってたんですよ。2年で5位ですから3年で入賞者がいなくなりいよいよ俺の時代だと考えていましてが、結果3位今の大成の監督の石田に負けました。しかも1つ下です。俺の時代は飛び越えてしまいました。秋山が決勝に上がった時、これで優勝されたら、俺の3位は消えてしまうなと思い、実は秋山の決勝は、「もうここで負けてくれ!」と心の中で叫んでいました。結果負けてしまい本人は悔しく涙を流していましたが「残念だったがいい試合だったよ」と声を掛けましたが内心ホットしてましたのは、今だから言える事です。やはり自分が目立たないと嫌ですからね、負けず嫌いですこうゆう事は(笑)—文字化けにて省略—
川口  喜靖

応援メッセージの最近記事

  1. 今伝えたい事

  2. 真摯に向き合うことの大切さ

  3. 2019年、お疲れ様でした

  4. これからも頑張れ!

  5. 純之輔ガンバレ

関連記事

contact

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP