日大三島高等学校・中学校の柔道部ホームページです。柔道部の活動内容や試合結果等を記録しています。

  1. 監督コラム

令和3年度静岡県高等学校新人体育大会柔道競技男子団体戦

本日静岡県武道館にて新人戦県団体戦が行われました。蔓延防止が発令されている中での大会開催、多くの競技が中止になっている中での開催、関係各位の努力と協力があっての開催でした。本当に色々とありがとうございました。

 

声を出すことの出来ない静かな試合でしたが、内容は熱いアツイ試合でした。

結果は準々決勝敗退のベスト8でしたが、明らかな成長が沢山見えました!

 

初戦は相手チーム棄権による不戦勝。二回戦は西部地区ベスト8に入っている湖西高校。

4-0快勝。

大将には今回努力でレギュラーを掴んだ選手を起用しました。

ひと回り以上大きな相手に果敢に攻めましたが、残念ながら引き分け。磨き上げている寝技のパターンは後一歩でしたね。

コツコツと努力し続ける選手には必ずチャンスが来ます。これからが楽しみですね。

 

さて、準々決勝は対戦を想定していた静岡学園。

個人無差別決勝に行った2人を中心に73のチャンピオンもいる優勝候補のチームです。

ここ数年ずっと惨敗し続けているチームです。

レギュラーメンバーの個人戦の結果を比べると60の3位1人しか入賞者がいない我がチームとは大きく差があります。

しかし、団体戦はチーム力。

オーダーを工夫し、流れをつくる事でひっくり返す事ができます!

先鋒に主将を起用し、一気に流れを持ってくる作戦でいきました。

 

相手のオーダーは多少想定外もありましたが、結果的にかなりアツイあたりでしたね!

「これはキタ!」

試合開始を待っている間、コーチとワクワクしていました。

 

選手たちの表情に固さはありましたが、やってやるという気迫が選手たちから伝わってきました。

 

試合開始。

予定通り先鋒が最高の内股で一本勝ち!しっかりと仕事をしてくれました。毎日稽古で苦しい思いをしている事が必ずチカラになります。また証明しましたね!

次鋒もいけると思いましたが、66が100を取りきるにはもう一歩足りませんでした。怪我から復帰したばかりでようやく調子を上げてきた所だったので上出来かもしれません。善戦虚しく引き分け。

そして中堅。相手は無差別2位、ポイントゲッターの1人。不用意に引き込んだ所を簡単に抑え込まれ一本負け。体重約倍に対してどうすべきかもう一度本気で考えないと何度も同じことをしてしまうかもしれません。

中堅戦はアツい根性を出した戦いを期待していました。もっともっとやれるはずでした…

やってくれると信じていました…

 

中堅戦を終えて1-1の五分。残りは2人の一年生。

相手は無差別と73のチャンピオン。

苦しい展開は想像していました。

 

副将、絞め技で一本負け。

何とかしてやるという気持ちはあったと思いますが、下がる柔道をしていたら魅力はありません。思い切って勝負したかったですね…

課題は山積み。でも無差別チャンピオンとやれたことに意味があったはす。これからに期待です。

そして最後、大将戦。

1-2なので一本勝ちで代表戦。相手は73のチャンピオン、こちらは60の3位。

怪我から復帰後、順調に調子を上げてきたので一発やってくれると信じて送り出しました。

全力で取りに行っていました。必死に勝負していました!持ち前のスピードと柔らかさを活かして何度もチャンスを作りました!

アツい戦いでした。

結果は引き分け…

でも良く頑張りました。

 

1-2惜敗…

 

一歩及びませんでした。

しかし、平均体重約69キロのチームでよく善戦しました!

日頃の稽古の雰囲気が試合にしっかり出ましたね。

 

インハイ予選までにもうひとレベル上げます。全員が本気で熱くなるような試合が出来るように、これからも伝え続けていきます。

今回メンバーに選ばれず、悔しい思いをした部員がいます。

メンバーには選ばれたが全く仕事が出来なかった部員もいます。

 

これからどう行動を変えてくれるか楽しみです。何も変わってこなければ先は見えてこないでしょう。暫くは様子をみたいですね。

そして押したり引いたり様々な角度から選手たちにアプローチしていきます!

光はしっかり見えましたのでᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

今日も応援ありがとうございました。チーム力は確実に上がってきました。これからもよろしくお願いします!

 

 

 

監督コラムの最近記事

  1. 第64回静岡県柔道祭

  2. 第64回静岡県柔道祭東部地区予選

  3. 令和4年度静岡県高等学校新人柔道大会個人の部東部予選

  4. 第11回静岡県東部高等学校柔道選手権大会

  5. 令和4年度日本大学体育大会柔道競技高校の部

関連記事

contact

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP