日大三島高等学校・中学校の柔道部ホームページです。柔道部の活動内容や試合結果等を記録しています。

  1. 監督コラム

第4回静岡県柔道協会長杯中学校柔道大会

imageimage image 5月3日静岡市北部体育館にて中学生の団体県大会が行われました。この大会は各地区でベスト4以上のチームのみ参加できる大会です。日大三島中柔道部として初の団体県大会!3チームのリーグ戦を行い、1位だけが決勝トーナメントに進出できるという約束の大会でした。

本校と同じリーグに入ったのは中部2位の静岡学園と西部2位の引佐南部。初戦から熱い試合でした。先鋒は一年生伊與田。東部大会では全て一本負けし、悔し涙を流し続けていた選手です。しかし、今回は顔つきが違いました。何とかしたいという気持ちをしっかり出し、自分の力を出し切りました。ラスト3秒、勝負にいった技を返されて一本負けしてしまいましたが次に繋がる素晴らしい内容でした。

次鋒は一年生福澤。組み際の強気の攻めを出すことが出来れば勝機はあると思いましたが、残念ながら力及ばず一本負け。中堅はポイントゲッターの1人である三年生菊池。60kg級の県チャンピオンです。相手はひと階級上の選手でしたが、きちんと仕事をしてくると信じていましたが、残念ながら硬い動きが出てしまい、引き分け…。0-2からなんとか2-2の引き分けに持ち込みたいという思いを背負って副将、ポイントゲッターであり主将でもある依田が登場しました。期待通り格下の相手でしたがしっかり一本勝ちして、次に繋げてくれました。そして大将は一年生の武井。まだまだ技が出来ていませんが、素直な気持ちで教わったことを実践できる選手です。皆の期待を背負って戦っていました。結果は有効優勢勝ち。立派な試合だったと思います。一本こそ取れませんでしたが、気持ちは完全に一本取りに行っていました!県大会でも会場を味方にしましたね^o^

結果は静岡学園相手に2-2の内容負け…。本当に僅かな差でしたね。

そして二戦目、引佐南部。先鋒が仕事しました(^◇^)伊與田初の引き分けです!指導1はもらいましたが良く凌いで粘り強く頑張りました!素晴らしい引き分けでした。次鋒の福澤も粘り強く頑張りましたが、前半の消極的な動きがマイナスになり、指導2負け。後半の攻めをもっともっと出したかったですね…。中堅菊池は今回はしっかり強気の攻めが出来、一本勝ち。副将依田も最近形になってきた背負い投げから抑えて一本勝ち。この時点でチームの勝ちは決まりました!大将武井の相手は重量級の実力者。何処までやれるか楽しみでしたが、見事に巻き込まれた後に抑えられて一本負け。まだ差がある事が自覚できましたね。ただ、この差は必ず埋まる差です。逆転は必ず出来るでしょう。

結果は2-2の内容勝ち。1勝1敗でリーグ戦終了しました。後は静岡学園と引佐南部の試合しだい。祈っていましたが、結果は引佐南部の3-2勝ちとなり、勝ち数で引佐南部が決勝トーナメントに進出する事になりました。どのチームも本当に僅かな差ですね。

中体連は団体も楽しみになってきました!試合する度に選手の成長が見えます。後2ヶ月後に別人になる可能性は充分ありますね*\(^o^)/*  今回、結果は出ませんでしたが素晴らしい内容の試合でした。次にしっかり繋げていきたいと思います!

高校生たちも皆で応援しました。中学生の試合する姿を観て、必ず感じることがあったと思います。純粋な気持ちを改めて思い出し、努力していきましょう!

連日の応援、本当にありがとうございましたm(_ _)m中学生も益々盛り上げていきたいですね!これからもよろしくお願いします(^◇^)

監督コラムの最近記事

  1. 第64回静岡県柔道祭

  2. 第64回静岡県柔道祭東部地区予選

  3. 令和4年度静岡県高等学校新人柔道大会個人の部東部予選

  4. 第11回静岡県東部高等学校柔道選手権大会

  5. 令和4年度日本大学体育大会柔道競技高校の部

関連記事

contact

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP