日大三島高等学校・中学校の柔道部ホームページです。柔道部の活動内容や試合結果等を記録しています。

  1. 監督コラム

第6回上溝柔道教室柔道大会

本日、相模原市立総合体育館にて上溝柔道大会が行われました。大仁柔道会の後押しのお陰でチーム日大三島から中学生の2人が参戦しました!
中学生は軽量と重量に分けられ、トーナメントで行われたのですが、何と2人とも重量。しかも順調に行けば準決勝で対戦する組み合わせでした…。まぁそれはそれで面白いかな⁈と思いつつ小学生の大会を午前中は観戦していました。純粋に相手を投げる、抑えるということに徹する小学生の姿を見て改めて原点に気づかされました。そして、午前中何より嬉しい事がありました!来年度チーム日大三島の一員になる、六年生の福澤翔太郎君が何と並み居る強豪を倒し、見事優勝しました(≧∇≦)初戦は厳しい試合でしたが、勝ち上がるにつれペースを上げていき、決勝も見事な一本勝ち!自身初の優勝でした!小学生最後に最高の結果が出せた事は本当に自信になると思います。「おめでとう‼︎翔太郎(^○^)4月から更に上を目指して共に頑張りましょう!」
そして午後になり、絃と魁の出番がきました。待ち時間が長かったのですが、しっかりモチベーションを上げ、コンディション作りは出来ていました。魁は初戦一回り大きい相手でしたが、全く相手にせず快勝。2回戦の相手が欠場なのでこの時点でベスト8進出。絃希は初戦不戦勝で2回戦からの登場でした。身長の高い、第2シードの選手でしたので、それなりの実力者でしたが、上手い試合運びで何とか判定勝ちをし、ベスト8進出。
準々決勝は2人とも自分らしい柔道ができ、一本勝ち。予定通り、2人で決勝進出を争う事になりました。試合で当たることはまずないので、ある意味面白いカードでしたね。結果は絃希の指導1勝ち。技数も少なく、勝負しきれていない内容で少し寂しかったですね。もっとお互い意地を出し合う試合を期待していたので、少し残念でした。
そして決勝戦。相手は第1シードの81位の選手。組み手が厳しく袖釣りから強引に巻いてくる選手で、静岡の中学生にはいないタイプでした。
まんまとハマってしまいました。分かっていても経験しないとあの手の技は防ぎきれないんですね。開始早々に袖釣りから巻かれて有効。後は上手く捌かれ時間終了。全く絃希の良さを出すことができませんでした。優勝を逃した事は悔しいですが、大変いい勉強になりました。試合をする度に成長も見えますし、反省点も見つかります。中学生の成長はやはり大きいですね。中体連に向けまた一歩前に進む事ができました。色々とありがとうございましたm(_ _)mまた頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

20150309-130735.jpg

20150309-130747.jpg

20150309-130755.jpg

20150309-130806.jpg

監督コラムの最近記事

  1. 令和6年度第72回静岡県高等学校総合体育大会柔道競技個人の部

  2. 令和6年度静岡県高校総体柔道競技個人の部東部地区予選

  3. 第9回静岡県東部地区高等学校柔道大会

  4. 令和5年度慶應杯争奪柔道大会

  5. 令和5年度静岡県高等学校新人体育大会柔道競技団体の部

関連記事

contact

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

投稿の月別アーカイブ

PAGE TOP