日大三島高等学校・中学校の柔道部ホームページです。柔道部の活動内容や試合結果等を記録しています。

  1. 監督コラム

第57回静岡県柔道祭東部大会

image本日沼津市勤労者体育センターにて柔道祭東部大会が行われました。高校の部及び中学の部に参戦いたしました。
結果は…
高校の部 準優勝
中学の部 2回戦敗退
でした。

中学生は、3人での戦いでした。2人負けからの勝負はなかなか厳しいですね…。1人でも負けたら終わり。負けなくても2人引き分けても終わり…。
そんな厳しい状況でしたが、必死に戦いました。初戦シードで2回戦に富士中と対戦しました。中堅涼大、もう一歩で取れましたね!夏までの涼大ではありません。これからは取りに行く気持ちをしっかり持たせたいですね。

副将翔太郎、ひとまわり体の大きい体幹の強い選手に対して、上手く崩すことが出来ず引き分け。しっかり組んで崩すことを意識して行きたいですね。
この時点でチームの負けは決定してしまいました。

大将は朔太郎、最近本当にしっかり組んで最後まで掛け切る柔道が出来てきたので楽しみでしたが、その通りしっかり崩して足技で転がし、キチンと抑え切りました。これを自信にしてますます成長したいですね。

結果、県大会出場は逃してしまいました。負けなくても、チームとして勝てないという厳しさをしっかり自覚出来たと思います。そこが大切です。成長は見えました!またしっかり稽古して成長を楽しみにします(^-^)/

そして高校生。

夏からの成長を試す良い機会でした。
スーパーシードだったので、ベスト8からの登場です。相手は沼津工業、先鋒73のチャンピオン広海。落ち着いた柔道ができ、3人抜いて4人目までいきました。相手は60チャンピオン。組み際の大外で有効を先取しましたが、中盤に組み手の妥協があり背負いで一本負け…。もう1歩でしたが、成長は見えました!身体をもう一回り大きくして安定感を出したいですね。

次鋒は亮太。最近本当に欲を出して、必死に休まず稽古していました。だからレギュラーで出場というチャンスを掴むことが出来ました。残念ながら終盤に有効で負けましたが、良い攻めが何度もありました。これから、更に欲を出して意識して稽古して行けばまたチャンスは来るでしょう。

そして中堅は龍。流石に60の選手に3人はマズイと思っていたと思います。時間は少し掛かりましたが、得意の形で豪快に投げて2人抜きました。
3人残し快勝です。

準決勝はまたまた飛龍。
最近は2連勝していますが、絶対気を許せない相手です。
先鋒龍はキチンと仕事してくれると思いましたが、組み手を警戒し過ぎてしまい、指導2の僅差負け。更に次鋒重田も終盤に甘い組み手の状態で下がったところを回され、そのまま抑えられ一本負け。絶対にあってはいけないパターンでした。
先鋒に2人抜かれて、中堅陸。陸はずっと好調で追い込んだ稽古が出来ていたので、期待していましたが、その期待にしっかり応えてくれました!1人目を得意の寝技で一本。次鋒も前へ前へのプレッシャーから巻いて、その後キチンと抑え切り一本。そして中堅戦が最も成長が見えましたね。稽古で意識してきた組み手から密着の外巻き込みで技あり、そしてしっかり抑えて一本!3人抜きました。副将の相手は全中経験者。組み手の上手い選手に集中力が保たずに指導3僅差負け。しかし、しっかり仕事は果たしました!

副将は無差別チャンピオン海斗。がっぷり四つになった瞬間にすみ落としに行き、切り返されたところを大内刈りで押し込み一本!実力のある相手ポイントゲッターをしっかり退けました。大将も落ち着いて一本勝ち。2人残しで決勝進出です。

決勝の相手は予想通りの加藤学園。
ここ最近、負け続けている相手です。県の頂点を取る為には越えなくてはならない相手です。

先鋒は重田に任せました。飛龍戦の悔しさを前面に出して戦ってくれると信じて起用しました。しかし、全く同じようなパターンで一本負け。中盤に姿勢の悪さから、組み手も妥協し、下がってやられるという最悪なパターンでした。試合前のモチベーション、生活、全てにおいて考え直し、重田らしい柔道を取り戻しレベルアップを図りたいですね!

次鋒は陸。今回もキチンと仕事して一本勝ち。次も確実に行きたかったのですが、力の強い相手に中途半端にぶら下がってしまい、裏投げ一本負け。
反省点が見つかりました。

そして今回初出場のキャプテン啓斗。膝、足首など怪我だらけで万全ではなかったのでこの決勝にかけていたのですが、残念ながら思いは届かず、前回の個人戦と全く同じような受け、そして攻めのパターンしかやらず、結局攻め切れず引き分け…。
取ってきてくれると期待していただけに、この引き分けは本当に痛かったですね。啓斗は怪我をキチンと治さないと勝負できないという事が分かった事は収穫ですね。

そして相手中堅、うちは副将海斗。
先日の個人戦無差別の決勝と同じカードです。勝ち切らなければいけない相手です。
前回と比べ、スタミナ切れはありませんでしたが、勝負しきれず引き分け。チームの事を本気で考えたら、絶対に勝たないといけないという事は分かったはず。まだ一年生の緩さかもしれません。ギリギリの勝負をこれから稽古の中でやっていきます。

そして相手副将、うちは大将龍。最後に何か思い切った事をしてくれそうな期待をさせてくれる選手が龍です。
何度も会場を湧かせてくれましたが、
取り切れず引き分け…。強気の姿勢は素晴らしかったが、まだまだ実力不足ですね。これから身体のバネを磨きたいですね!

優勝の二文字はまた今回もお預けになりました。またもや加藤学園に苦水を飲まされました…。いや、勉強させてもらいました!
必ずこの借りはつぎの場面で返したいと思います。

選手たちの悔しさは日大三島を応援して下さっている全ての方々が分かっています。
必ずいつか報われる日は来ます!
焦らず、しかし力強く1歩1歩進んでいきます!

まだまだこれからが楽しみです(^-^)/

今日も最高の感動をお届けすることが出来ずにすみませんでしたm(_ _)m

「チーム日大三島の応援は今日も1番でした!」
ありがとうございました(*^_^*)
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

監督コラムの最近記事

  1. 令和4年度静岡県高等学校新人柔道大会男女個人の部

  2. 令和4年度静岡県柔道協会会長杯中学校柔道体重別大会東部予選会

  3. 第11回遠江親善高校柔道大会

  4. 第64回静岡県柔道祭

  5. 第64回静岡県柔道祭東部地区予選

関連記事

contact

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP